危険な飲酒とは?

自らの限度を決める

多くの国では、飲酒運転に関する法定制限が定められ、船舶など他の活動にも同様の制限が設けられています。法定制限を超えていることが判明した場合、当然ながら厳しい刑罰やその他の法的責任を科されます。

責任ある態度を保つには、法定制限だけに頼ることはできません。自分自身の限界が、法定制限よりずっと低い可能性があります。飲酒があなたに普段どのような影響を与え、危険を伴う活動にどのような影響を与えるかを考える必要があります。危険を伴う状況では、一滴もお酒を飲まないのが最も安全な選択肢なのは明らかなことです。

また、身体は毎時間に一定量のアルコールしか代謝できないことを覚えておいてください。たくさん飲んだ場合、翌日も、あなたの体内にかなりの量のアルコールが残っていることがあります。翌日の「二日酔い」が、身体の反応や判断力にいつまでも悪影響を及ぼす可能性もあります。

自分に適した限度を決めるときに考えるべきことは、他にもたくさんあります。参考のために、このウェブサイトのさまざまな箇所へのリンクを以下に示します。

飲酒について考え、自分に合った飲み方を見つけるために、医療専門家にご相談ください。あなたの健康に急迫の危険が生じる恐れがある場合は、ただちに医師の診察を受けてください。

飲み過ぎたときはどうすればよいですか?

車の運転や、危険な行動には従事しないでください。飲むなら運転しないのが最善です。

飲む計画がある場合は、帰りの移動手段をあらかじめ手配しておきます。行きも運転しないのが賢明でしょう。そうすれば、帰宅時間になって運転すべきかどうかを決める必要がありませんから。公共交通機関、タクシー、相乗りを利用するか、飲まない人を運転手に指定しておきます。

体内に入ったアルコールを放出するには、時間に頼るしかありません。コーヒーや「酔いを速く覚ます」その他の方法も効き目はありません。その他のよくある通説を参照してください。