危険な飲酒とは?

酒造会社以外で作られたお酒

アルコール飲料の中には、認可・規制を受けた会社で製造されていないものがあります。ときには、地域社会の長年の伝統にのっとり、または個人消費のみを目的として家に代々伝わるレシピに従って製造されるお酒があります。他の状況では、政府により課される健康上・品質上の規制、または販売許可や税金を逃れる目的で、不正に製造・流通されているお酒もあります。これらの飲料を摂取した場合のリスクは他のアルコール飲料と同ですが、中にはより大きなリスクを招くものがあります。

伝統的に製造されたお酒には自家製のものもあり、アルコール含有量、さらには容量さえ記されていないのが普通ですが、それらの製造および飲用は、長年にわたる習慣と実践によって非公式に規制されています。伝統的に製造されたお酒はその大半が人間の消費に適していますが、品質、味、アルコール含有量や安全性が製造のたびに異なることがあります。

一方で、利益を急ぐ悪質な製造業者は、同様の製品を伝統から外れた方法や原料で製造する恐れがあり、これを飲む人の健康上のリスクを増大させる可能性があります。

違法アルコールは、その製造および流通状況が違法である以上に大きなリスクを抱えている場合があります。含有アルコール量が大きく異なる可能性があります。エタノール以外のアルコールから製造された可能性や、飲むと吐き気を催したり、場合によっては死亡に至る有害物質が含まれている可能性もあります。

違法アルコールの一部は、正規の商品とまったく同様に製造され、パッケージ化されています。これらの偽造品はお買い得のようにみえますが、買い手にはその中身はわかりません。特定のブランドを購入するときは、値段が不当に安ければ疑いを持ち、パッケージが本物で、信頼できることを確認してください。味の違いによって偽造品を判別できる場合もあります。

燃料、化粧品、殺菌剤は、何らかの形のアルコールが含まれている可能性があるため、摂取してはいけません。これらの製品には、人間が摂取すると危険な成分が含まれていることが多いです。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >