飲酒を控えるべき状況

飲酒をコントロールできない場合は?

飲酒を自分コントロールできない人々がいます。このような人たちは、心理的、身体的にアルコールに依存してしまう可能性があります。あなた自身がこの問題を抱えていると思う場合は、最寄りの医療専門家に支援を求め、あなたに必要な地域のリソースを見つけてください。   就業されている場合、雇用主が提供する職場のプログラムに、介入やカウンセリングが含まれていることがあります。

コミュニティベースの治療やサポートサービスの恩恵を受けられる人もいれば、禁酒して社会復帰を始めるために、入院治療センターで集中治療を受けなければいけない人もいます。

家族や友人向けのサービスもあり、復帰プロセスを支援する方法を学び、同様の状況に置かれた人々からサポートを受けることができます。

公衆衛生の専門家によって、飲酒が問題を起こすかどうかを各自で見極められるように、様々なテストも開発されています。一般に使用されているのは、AUDITとCAGEという、2種類のスクリーニングツールです。CAGEはノースカロライナ大学で開発され、よく利用されている評価ツールで、4つの質問だけで構成されています。AUDITアンケートは、世界保健機関(WHO)が提供する大規模な総合評価の一部です。

これらは使いやすいツールで、あなたが飲酒についてさらに専門的な支援を求めるべきかどうかを評価してくれます。