飲酒を控えるべき状況

誰もが飲酒を楽しむとは限りません

文化的、宗教的またはその他の個人的な理由から、アルコールを飲まないことを選択した人々が多数います。飲まないという決断を、常に尊重すべきです。

危険な状況では、飲酒を回避または制限してください。病気で具合が悪いときや、不愉快な気分や状況で、飲むことに抵抗を感じるときは、飲むべきではありません。

飲酒をコントロールできない場合は、飲むべきではありません。飲酒を適度に抑えられない人たちがいます。

長期にわたり大量飲酒を続けると、アルコールの効果に感情的または身体的に依存してしまう可能性がある人もいます。飲酒が彼ら自身の健康状態に悪影響を及ぼし、彼らの行動が、家族や周りの人々に悪影響を与えることもあります。このような人は、適切な治療を受ければ適度に飲めるようになることもありますが、ほとんどの場合は、安全かつ健康的に生きるには完全な断酒が唯一の方法です。飲酒習慣について最寄りの医療専門家にご相談のうえ、助けとなるリソースの提供を受けてください。

あなたや、あなたの知り合いが飲酒をコントロールできない場合は、医療専門家のアドバイスを受けてください。