アルコールを飲むとどうなるか?

アルコールの短期的な影響

アルコールは、脳を含めて身体のあらゆる部分に達し、精神的、身体的な効果を及ぼします。そのような効果が、あなたの感情や周りの人との付き合い方を変えてしまうこともあります。アルコールの摂取が増えるにつれ、この精神的、身体的な効果は増大します。

ほとんどの人にとって、適度な飲酒によってリラックス感が生まれ、かたくなな気もちが解きほぐれ、社交性やグループ内のアイデンティティが高まりますが、どれほど適度であっても、飲酒は反応時間を遅らせます。これらの変化は、主にアルコールが脳に与える影響に由来するものです。

飲む量が増えるにつれ、BACレベルが増加し、飲酒の精神的、身体的効果が増大します。過剰に飲むとますます酩酊し、いわゆる「酔っ払い」となります。BACが上昇すると、「酔っ払い」は周囲の意識がなくなり、ろれつが回らなくなり、視界がぼやけ、バランスが不安定で、反応時間が遅くなり、何にもまして適切な判断を下す能力が損なわれる可能性があります。身体が危険なアルコール量を排除しようと反応し、嘔吐することもあります。泥酔した人は、事故や傷害事件にまきこまれてけがをしたり、周りの人にけがを負わせるリスクが高くなります。

BACレベルが非常に高い場合、自分の嘔吐物で窒息する危険にさらされ、体内のアルコールが毒となり、呼吸や心拍が遅くなり、昏睡状態に陥ることがあり、有能な医療機関で速やかな手当を受けなければ死に至る恐れがあります。

適度に飲む人は、周りの人と飲酒をたしなむ楽しさや社交性を分かち合うことができます。しかし、過度に飲む人は、身体的および感情的にマイナスの行動が周りの人にどのように影響するかという意識がどんどん薄れてしまい、本人だけでなく周囲にも問題を引き起こします。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >