アルコールを飲むとどうなるか?

アルコールの長期的な影響

お酒は、飲んでいるときはもちろん、長期的にも好影響または悪影響を及ぼす可能性があります。お酒が生活の質に与える影響は、主にあなたの飲酒パターンにより左右されます。

大量飲酒(1日 4杯以上、週 14杯以上)は、内臓障害、事故や傷害、家族や職場、社会生活の中で積極的な役割を果たすことが困難であるなど、一連の健康被害や社会的損害のリスク増大と関連性があります。肝臓障害は、長期間の大量飲酒に強く関連しており、肝硬変に至る可能性があります。

科学的研究によると、特定のガン、一部の心血管疾患、アルコール使用障害、および肝臓疾患のリスク増加とアルコール摂取の間に関連性があることが示されています。一般に、飲酒量が多いほどリスクが高くなり、たまに一気飲みする場合を含め、大量飲酒者のリスクが最も高くなります。しかし、乳がんや結腸直腸がん、特定の心血管疾患についても、軽度または中等度の飲酒レベルでリスクが上昇し始める可能性があると示されています。

特定の疾患に関する個人のリスクは、その家族の病歴、現在の健康状態、栄養、および生活様式や環境要因による影響も受けます。

また、特に中高年の男女の中には、中程度の飲酒が肯定的な健康転帰に結びつく場合もあります。この恩恵は、心血管疾患、成人発症型糖尿病、加齢に伴う緩徐な認知低下のリスク軽減と関連することもあります。さらに、適度な飲酒によって、食事や他の社交的な場で飲酒を愉しみ、家族、友人、地域社会と有意義なつながりを持つことができます。社会的な相互作用や帰属意識は、健康や幸福に大いに貢献する可能性を秘めています。そのような快適さのためにアルコールが必要だ、というのではありませんが、適度な飲酒が持つ社会的側面は多くの人々が認めるところです。

飲酒が健康に及ぼす影響の詳細については、こちらをご覧ください。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >