人生の段階ごとに考える飲酒

未成年者と若者

アルコールと子供や若者に関する見解は、文化によって異なります。しかし、普遍的な概念として慎重に考慮すべきことがあります。

  • どの国でも、法定飲酒年齢未満の若者はアルコールを摂取すべきではありません。
  • 飲酒は成長中の身体や特に脳の発達に悪影響を与える恐れがあります。
  • 若者のアルコールに対する身体的、感情的な反応は、大人の反応とかなり違うことがあります。
  • アルコールが、感情的、身体的、性的にマイナスの経験を引き起こすリスクを上昇させる場合もあります。
  • 経験が浅く、限界を判断するための知識やスキルが不足し、怖いもの知らずの若者は、判断が衝動的で感情的になりがちです。身体的、感情的な発達が見られるこの時期にアルコールを加えることは、とりわけマイナスの組み合わせになりかねません。

多くの国では、アルコールの購入(法定購入年齢、またはLPA)と摂取(法定飲酒年齢、またはLDA)の年齢制限が設けられています。あなたの国の年齢制限はこちらで確認してください。これらの法定年齢制限に関する法律と、それらが家の中および外での飲酒にどのように適用されるかについて、家族で注意し、理解する必要があります。未成年者の飲酒は違法であり、法的飲酒年齢に達していない未成年にアルコールを提供した人々は、懲役刑を含む厳しい罰則に処せられます。

法定飲酒年齢は、身体、脳や判断力がまだ発達中の若者を、障害から保護するために定められています。この年齢での飲酒、特に大量飲酒は、長期間に及ぶ身体的、心理的な悪影響をもたらす可能性があります。

IARD の各加盟業者は、未成年にアルコール飲料を販売または配布する意思がまったくないことを、ここに明確にしておきます。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >