人生の段階ごとに考える飲酒

親としての姿勢

あなたはロールモデルです。若者は認めたくないかもしれませんが、研究によると、子供の飲酒に関する決断に強い影響を与えるのは親だということです。   子供たちが目にするあなたの行動が、彼らに多大な影響を与えているのです。あなたが飲むことを選択した場合は、アルコールに関する健全な決断を実行に移してください。飲酒運転や飲み過ぎを許してはいけないことを、明確な態度で示しましょう。

あなたがいかに努力しようとも、子供たちはその成長過程でアルコールに関する不健康な選択を目撃します。そのような場面をしつけの機会として利用し、なすべきこと、してはいけないことを子供に分からせることができます。アルコール教育と予防プログラムのリソースについて学ぶために、子供の学校やコミュニティに働きかけてください。

子供と対話の時間を持ちましょう。アルコールについて率直に話し合い、若者による飲酒と成人の飲酒がなぜ違うのか、しっかり理解させてください。未成年者によるアルコール飲料の購入や飲酒に関する法律の存在理由を説明します。責任ある飲酒と、無責任な飲酒の違いや、無責任な飲酒がもたらす害について話し合います。あなた自身の言行が一致していることを確かめてください。

会話の場を何度も設けます。ニュース、ビデオ、テレビ、祭りや家族のイベントはすべて、飲酒に関連する問題を子供たちと話し合う機会です。

子供が成長の過程で遭遇し得る、典型的でありしかも厳しい状況を想定して疑似体験を計画し、悪い事態に陥らないように子供とゲームプランを練ります。

運転を学ぶ時間。子供が車内にいるときに、飲酒運転は危険であるというメッセージを強化します。このように、子供が小さいときから賢い習慣を身につけられるようにします。

子供が運転できる年齢に達したら、運転時には精神的にも身体的にも完全な注意が必要であることを忘れないように指導します。経験の浅いドライバーの飲酒は特に危険です。

家族歴。家族の中に、一般的な乱用や依存問題、または特にアルコールの乱用や依存問題を抱えた人がいる場合は、その事実をあなたの子供と共有するようにしてください。飲酒について決断を下すときに、家族歴を考慮に入れるべきであることを理解できるように助けてあげてください。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >