人生の段階ごとに考える飲酒

中年の飲酒パターンと健康

身体がアルコールを処理する能力は、年齢とともに遅くなります。飲む量や回数について、定期的に見直す必要があります。加齢により以前より少ない量でお酒の影響が出やすくなった、飲み過ぎによる健康上のリスクが増加したと感じることがあると思います。

同時に、高齢者は適度な飲酒の恩恵を受ける可能性もあります。中高年の男女の中には、適度な飲酒が特定の健康上の利益に結びつく場合があります。これらには、心血管疾患の軽減や成人発症型(II 型)の糖尿病の減少が含まれます。あなたに合った飲み方を見つけるために、飲酒について医療専門家にご相談ください。

ツイート

@IARDNEWSをフォローしてください >